紅茶の効能

 ※鎌倉香山 少し具合が悪ければ紅茶を、それでも悪ければお医者さんへ!

1、ガンの制御:まだ詳しいことはわかっていませんが、動物実験では紅茶の主な成分であるポリフェノールが血管内の付着を著しく阻害してガンの制御に効果があったと報告されています。

2、血圧の上昇を抑える:動物実験によれば紅茶に含まれるカテキンを用いて飼育したラットは通常の場合に比べて長生きであったと報告。塩分は精製塩でなく天然塩を用いればより効果的であるといわれています。

3、動脈硬化について:血栓の予防に紅茶が有効であったと実験の報告あります。

4、食中毒の解消:O-157などの食中毒に紅茶の作用で著しく効果があったとの報告がなされています。

5、インフルエンザ:たかが風邪と思われがちですが、重症になることもしばしば、紅茶にはインフルエンザの増殖を抑える効能があると報告されています。一般のうがい薬と紅茶との比較によれば紅茶の方が効果があったことが分かっています。

6、アレルギー:実験によれば花粉症やアレルギー疾患などに紅茶が効果的であると報告があります。

7、運動能力を高める:紅茶にはカフェイン含まれています(ノンカフェインもあります)カフェインは筋肉を刺激して運動能力を高めるとのことです。

8、虫歯予防:紅茶にはフッ素が含まれていますので脂肪燃焼作用と併せて考えますと安心です。ただし紅茶にはスティンの原因であるタンニンを含んでいますので、より丁寧な歯磨きが必要となります。

9、リラックス:紅茶の香りを嗅いだだけでリラックスさせてくれます。これはストレス解消、疲労解消に役立ちます。

10、ダイエット:カフェインは脂肪燃焼を促す働きがあることはよく知られています。(食物+水)と(食物+紅茶)をグループに分け比べた結果、肝臓の周りに水の場合は脂肪が付着、紅茶は付着しなかったと、ダイエットのみを考えるのであれば砂糖は入れない、ミルクは影響ないとのことですのでストレートが無難です。そんなことを思いながら香山の紅茶を楽しんでみませんか、

11、アロマセラピー:紅茶にはアールグレイを代表として様々な香り付けがされたいます。紅茶本来のリラックス効果と好みの果物や花の香りでリフレッシュ。鎌倉香山では様々なフレーバーティーをご用意いたしております。

12、気になる紅茶とコーヒーの効能の違い:紅茶もコーヒーもカフェインを含んでいます。カフェインの効能は個人差によるものがかなりございます。小さなお子様やカフェインが気になる方はノンカフェインやフレーバーティーをいかがでしょうか、鎌倉香山では様々な紅茶をご用意いたしております・


鎌倉香山ではJBLのスピーカーから流れる音色も効能の一部となります。

 いつかは聴いてみたいこのプレーヤーで!お若い方は???でしょうね、あえてメーカーは伏せておきます。ヒントは長岡→小宮、欧州では高級機種として有名でした。お分かりの方はマニアですね、